1578円 ワインクーラー(アクリル製) LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL【ワインクーラー】 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 ワインクーラー 1578円 ワインクーラー(アクリル製) LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL【ワインクーラー】 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 ワインクーラー キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , ワインクーラー,/colopexy1050495.html,LJ997CL,1578円,ワインクーラー(アクリル製),品番:LJ997CL【ワインクーラー】,mrspider.net,トールワインクーラー 販売実績No.1 ワインクーラー アクリル製 LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL 販売実績No.1 ワインクーラー アクリル製 LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , ワインクーラー,/colopexy1050495.html,LJ997CL,1578円,ワインクーラー(アクリル製),品番:LJ997CL【ワインクーラー】,mrspider.net,トールワインクーラー

安い 激安 プチプラ 高品質 販売実績No.1 ワインクーラー アクリル製 LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL

ワインクーラー(アクリル製) LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL【ワインクーラー】

1578円

ワインクーラー(アクリル製) LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL【ワインクーラー】



|商品名|
トールワインクーラー
|メーカー|
ノーブランド
|品番|
LJ997CL
|製品サイズ|
207φ260H
|材質|
MS樹脂(スチレン・メタクリレート共量合樹脂)
|商品特徴|
高さ26cmの大型ワインクーラー。ボトルの口元までおさまるサイズです。マグナムボトルにも最適。
|メインカテゴリ|
ワイングッズ館>バー・ワイン・日本酒グッズ>ワインクーラー>アクリル製
|配送方法|
通常:宅配便(ゆうパケット不可商品)

◆送料込みの表示がある商品に関しましても、北海道・沖縄県は別途送料2,835円を頂戴いたしております。

◆当店では当日出荷の記載のない商品に関しましてはご購入ができる状態でも取り寄せとなりますのでお急ぎの場合は事前にお問い合わせくださいませ。メーカーにて欠品の場合はメールにてご連絡をさせていただきます。当店よりのご注文確認メールが届かない場合はお電話にてご連絡させていただきますので届かない旨を必ずご一報お願いいたします。

納期・返品交換・ご注文時の注意事項につきましては、ご利用ガイドをご一読下さい。 → ご利用ガイドへ

ワインクーラー(アクリル製) LJ997CL トールワインクーラー 品番:LJ997CL【ワインクーラー】

News

2021.10.08 IR

新市場区分における上場維持基準への適合状況に関する一次判定結果と プライム市場基準充足への取り組みについてのお知らせ (124KB)

2021.10.08 企業

農業資材EXPO2021出展に関するお知らせ

2021.10.05 IR

自己株式の取得状況に関するお知らせ(会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP